美容外科でコンプレックス解消〜悩み徹底バスターズ〜

症状別クマケア

切らない方法が流行っています

美容

美容外科分野の治療全般に言えることですが、ここ数年はメスを用いない治療方法が採用されるケースが増えています。昔とは違い、結婚や出産後も仕事を辞めずに働き続ける女性が多くなってきました。女性が働きやすい環境が整えられてきたことが大きな理由になっているのですが、男性の給与水準が低下したことや、シングルマザーの数が増加してきたことなども、女性の社会進出を促進する要因になっています。どのような事情があるかには関係なく、美容外科の治療を受けるという理由で仕事を休むことができない女性が増えてきているのは事実です。そのため、施術自体が簡単なものであることに加えて、施術後のダウンタイムが短い治療に対する需要が高まっています。クマ治療の場合も、メスを用いるリフトアップ手術が行われるケースは減っており、注射や糸、各種の医療機器を用いるクマ治療が主流になってきています。

今後のクマ治療について

クマができる原因は様々ですが、加齢による皮膚のたるみが原因で黒いクマができているケースが多いです。従来は、下まつげの生え際にメスを入れ、たるんだ皮膚を切除した上で縫い縮める手術が行われるのが一般的になっていました。しかし、先程述べたような理由から、そのような方法でクマ治療をすることを希望しない人が増えました。また、誰だって、血が出たり痛かったりする治療は受けたくないと考えるのが当然です。幸いなことに、美容外科分野の治療は日進月歩の進化を続けています。現在でも、メスを用いずにクマの症状を軽減することができる良い方法がいくつも開発されていますが、今後さらなる改良が進められていくと予想されています。そのため、将来的には、今以上に切らないクマ治療を受ける人が多くなるだろうと考えられています。